【初心者向け】FL Studioでループ素材からグルーヴのみを抜き出す(1)

【初心者向け】FL STUDIO講座 FL STUDIO

DAWのシーケンサーでリズムを作ると、いつもノリがイマイチな気がする…
そんなときはループ素材のグルーヴを利用してリズムを作ってみようという話だ。
というよりかは、忘れっぽいおれのためのメモだ。

長くなったので2回に分けてお伝えするぞ。

読むのがめんどくさい奴はこのプロジェクトファイルをダウンロードして使ってくれ。
20180626_groovetest

とにかくSlicexでループをスライスする

まず、Slicexからループファイルを開く。
もしループファイルを持っていなくても大丈夫だ。
FL Studioインストールフォルダの中に自由に使えるループファイルがいくつか入っているのだ。

ファイルブラウザから適当なループを選ぼう。

FL Studioのファイルブラウザ

空白の波形エディタ上でクリックするとファイルを読み込むことができる。
波形エディタ上にPC内のファイルをドラッグしてもいい

Slicex波形エディタ

ループファイルを開くと自動でスライスしてくれるSlicex。この各スライスのことをリージョンと呼ぶ。

サンプルをロードすると自動的にスライスします自動でスライスしてくれるSlicex

同時にピアノロール上で各リージョン(スライス)が音階に割り当てられる。

ピアノロール上で各リージョン(スライス)が音階に割り当てられて並

グルーヴのみで使えるように準備する

ここでピアノロールでの並び方設定をFlatten(groove)に変更する。
これは、ループのグルーヴ(リージョンの位置と長さ)は維持されるが、全てのリージョンが同じ音階に置かれるためすべて先頭のリージョンが再生される設定だ。

Flatten(groove)を選択する

ピアノロールのC5だけに各リージョンが並びかわり、
最初のスライスの音だけがループのグルーヴ感を保って鳴るはずだ。

ピアノロール上のリージョンが一直線に並び変わった

この並びを見て次にどうしたらいいか、勘のいい君ならもうわかるよな。
そう、自分の好きなドラム音をこのグルーヴに当てはめるのだ。

そのためにやっておいた方がいい設定があるからできているか次を確認しよう。

Ghost channelsをオンにする

ピアノロール画面の左上にある下向き三角「▽」をクリックするとメニューが出る。
この中の「Helpers」にカーソルを合わせると小メニューが出る。
そして「Ghost channels」をクリックしてチェックを入れたらONになる。
すでにチェックが入っている場合はクリックしなくていいぞ!

ピアノロールメニューからGhost channelsをオンにする

Ghost channelsとは、他のチャンネルで入力されたノートが薄く表示される機能だ。
別のチャンネルでハモりたいときや、コードやスケールを別チャンネルで入力しておけば、手入力でアルペジオができたりするのだ。

ここでは、Slicexで作ったグルーヴの確認用に使う。

ここから先は好きなインストゥルメントを追加してGhost channelsに合わせて打ち込めばグルーヴィーになるはずだ。

次回はChannel Samplerを使って実践してみようと思う。

次回に続く