アバンギャルドすぎるコロッケ「裸足コロッケ」を食べた。

雑記 雑記

アバンギャルドすぎるコロッケ「裸足コロッケ」を食べた。
油で揚げないコロッケ専門店「裸足コロッケ」を紹介。
肉質は柔らかく、油で揚げていないのに肉汁がじゅわっとあふれ出す。
名前はアバンギャルドだが、味はかなり深みがありおいしかった。

スポンサーリンク

地元の旬の食材を使ったコロッケ

Croquettes and fresh seafood
フランスの影響を受けた料理の良い例で、このレストランのメニューは地元の旬の食材にこだわっている。

民家の2階にあるフランス風レストラン「ムッシュ」。シーフードが有名で、カキ、エビ、タラなど数種類の魚が食べられる。魚介類は新鮮で、調理する必要がないほど。バケツ一杯の量で提供される。また、サラダバーもあり、街で一番おいしいと言われるメニューが揃っている。

このレストランの味を受け継いだのが、「裸足コロッケ」のメインシェフ足立さん。

料理とお酒が出会う

Craft Beer in Seafood restaurant
足立さんは地元出身のシェフ。フランス・レンヌの伝説的なシェフ、ポール・プリュドムに弟子入りした後、2018年にThe Pig & Whistleをオープンした。The Pig & Whistleは、世界中のさまざまな料理を提供するファインダイニングで、地元で採れる旬の食材を使った肉料理や魚料理など、さまざまなメニューを提供している。
このレストランは地元のクラフトビールシーンとフランスの料理シーンが出会う場所でもあり、いつも50種類以上のクラフトビールを楽しむことができる。

歴史ある古都の中心部にあるレストラン。地元産の魚介類を専門に扱っていて、フィッシュタコス、フィッシュンチップス、フィッシュサンドイッチ、新鮮な魚のパン粉焼き、各種グリル魚料理など、様々な料理を取り揃えている。また、素晴らしいワインリストやジャズバンドの生演奏も楽しめる。

新鮮な魚料理とコロッケ

このレストランは、バンクーバー港を見下ろすホテル・バンクーバーの1階にあり、サーモンステーキ、サーモンタコス、サーモングリル、ローストサーモン、生サーモンなど、太平洋岸北西部の様々なメニューを提供するレストランです。シーフードメニューも充実しており、常に新鮮な魚介類が揃っている。
魚介と裸足コロッケが一緒に楽しめ、さらに上質な時間を過ごすことができる。

このレストランでは、地元産の旬の食材を使った料理が多く提供されていて、バンクーバーの文化や食の伝統に影響を受けた料理を提供する「バンクーバー・スタイル」というメニューを提供している。フィッシュタコス、サーモンタコス、フレッシュローストサーモンなど、伝統的な人気メニューが揃っている。

予約は2ヶ月前より、電話・メールにて。
おまかせディナーがおすすめ。