いびき防止に口テープを試す

雑記 雑記
スポンサーリンク

いびきをかき出す

数年前から晩酌をするようになった。
深夜、楽しく映画を見ながら酒を飲んでフニャフニャになって眠る。
気持ちがいいのだが、プラスがあればマイナスもあるもんで、代償として、いびきをかくようになってしまった。

家族に言われて気付いたのだが、そういえばなんとなく身に覚えはある。
ちょっとうたた寝をしたときなんかに、なんだか遠くのほうでフガーッっと獣のような声がする。
その音で起きたことが何度かあった。
自分のいびきだった。
このままだと家族に迷惑がかかると思って、いびきを軽減する方法を調べた。

もちろん寝る直前まで酒を飲まなきゃ良いのだが、そこは気持ちよさを優先することにして、なんとかいびきだけを回避する方向でいきたい。

鼻に貼るテープ

で、まず最初に試してみたのは、鼻に貼るテープだ。
「鼻腔を広げることで、呼吸をラクにする」というコピーにつられて、
ネットで「ブリーズライト」というのを買って試してみた。

寝る前は、こんな変なもんを鼻に貼ってはたして寝れるのか?という気持ちだったのだが、そんな繊細な人間ではなかったようで、すぐに気持ちよく眠りにつくことができた。

しかし寝付きこそよかったものの、ブリーズライトはいびき防止には何の役にも立たなかった。
確かに鼻の通りはなんとなく良くなった気はしたが、酒で勢い付いた獣の呼吸には為す術もなかった。

口テープ

それでなにか別の方法をと思って探していると、セロテープを口に縦に貼って寝る、という方法を見つけた。
早速貼って寝てみると、これが大当たり。いびきはかなりマシになった。
しかも起きたときに口の中がカラカラになっている状態も改善された。

いびきが気になる人は簡単だしお金もかからないしぜひ試してみるといい。
一つ注意点として、セロテープは口に貼る前に服かなんかに一度貼って剥がしたものを使ったほうがいい。
そのまま貼ると、朝剥がすときに唇の皮がむけそうになるくらい貼り付いていることがある。
何度か痛い思いをした。